頭皮 臭い 用語集

頭皮の臭い対策シャンプーの用語集

頭皮の臭い対策シャンプーに関する用語集のまとめです。専門用語が多いシャンプーや加齢臭。わからない事がある方はこちらをチェックしてみてください。

 

男女別!人気の頭皮のニオイ対策シャンプー

男女別!人気の頭皮の臭いシャンプー

頭皮の臭い対策シャンプーの用語集

女性におすすめ!


女性の頭皮の臭い対策シャンプー>>

頭皮の臭い対策シャンプーの用語集

男性におすすめ!


男性の頭皮の臭い対策シャンプー>>

 

 

アミノ酸シャンプー

人間の髪や皮膚を構成しているタンパク質の元となるアミノ酸を使ったシャンプーで、洗浄力がマイルド。抜け毛や頭皮の乾燥、フケ、髪のダメージケアをしたい人に人気が高いシャンプーです。

 

注意したいのが、アミノ酸シャンプーといっても、主原料がアミノ酸の「アミノ酸シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」の物と、アミノ酸を少しだけ配合した「アミノ酸配合シャンプー」がある事。

 

アミノ酸配合シャンプーには、主成分にアミノ酸ではない強い洗浄力を持つものが含まれている事があり、頭皮や髪を傷める場合もあります。

 

アミノ酸シャンプーは主成分がラウロイルメチルアラニンNa、コカミド○○、ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンという名称で表記されています。

 

「アミノ酸」と書かれているのに主成分がラウレス・ラウリル硫酸、スルホン酸などと書かれている場合は、アミノ酸シャンプーではなく脱脂力の強いシャンプーです。尚、シャンプーの成分が記載されている最初の方に書かれているものが、配合量が多く主成分と言えるものです。主成分アミノ酸!人気のシャンプーを見る>>

 

アルカリ性シャンプー

使用している原料によっては洗浄力が高いシャンプー。硫酸Na、硫酸k、硫酸TEAとつくものは洗浄力が高く頭皮に負担がかかる場合もあります。元々、人の身体は弱酸性である事から弱酸性シャンプーと比較してアルカリ性シャンプーは刺激が強すぎて身体に良くない、と言われる事がありますが、アルカリ性シャンプーで洗っても髪や皮膚は弱酸性に戻ります。この戻る時の回復力が身体にとって重要と考える専門家もいます。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

比較的洗浄力の強い成分。ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naに比べると刺激性は少なく植物由来のものもあります。自然派シャンプーで比較的洗浄力が強めなものに使われている事が多いです。アミノ酸シャンプーの洗浄力を高める為にサブ的に使われている事もあります。

 

 

界面活性剤

界面活性剤には元々交じらない水の界面と油の界面に働きかけて界面の性質をかえ、油と水を混ぜて汚れを落とす働きがあります。界面活性剤が入っていないものを求める人もいますが、洗浄剤には界面活性剤が含まれます。

 

加齢臭

40代前後になると皮脂に含まれる脂肪酸が増加しやすくなり、この脂肪酸を肌の常在菌が分解する時に、ノネナールという臭いを発生する物質を作り出します。老化、免疫力の低下が原因でノネナールが発生しやすくなるので、ノネナールを防ぐ為には抗酸化力の高いビタミンCやEを積極的にとり、睡眠不足や運動不足に気を付けて日常生活を送る必要があります。皮脂に含まれる脂肪酸が原因でもあるので、シャンプーや石鹸などで皮脂のコントロールをする事も効果的です。

 

合成界面活性剤

シャンプーに含まれる界面活性剤は、全て合成界面活性剤です。石油系界面活性剤やアミノ酸系界面活性剤などがあります。アミノ酸系界面活性剤は低刺激で肌に優しいのが特徴です。

 

 

 

ジアセチル

30歳〜45歳に発生する事の多いミドル脂臭の原因となる成分。加齢臭の原因ノネナールとは異なり、ジアセチルは汗にある乳酸が皮膚に存在しているブドウ球菌によって分解される事で発生します。ジアセチルを発生させない為には乳酸を抑える事。適度な運動やストレスのたまらない生活をする事が大切です。

 

シリコンシャンプー

シリコンシャンプーが髪や頭皮に良くない、という情報もみかけますがこれは正しい情報ではありません。シリコンはコンタクトレンズや手術の時に使用する手袋などの素材に使われる安全性が高く、また値段も高い素材です。そもそもシャンプーに使われるシリコンは髪に吸着しにくい性質があり、髪を洗い流せば綺麗に落ちます。ただリンスやトリートメントに使うシリコンはくっつきやすく髪や頭皮に残りやすい性質があります。シリコンは髪のダメージを補修する効果がある為、すでに髪が傷んでいる人はむしろ使った方が良い場合もあります。ただシリコンが髪にくっつくとその後に使うトリートメントなどの美容成分が髪の中に入っていかないので髪が傷んでいない人は使用しないか、使用するのを最後にする事がおすすめです。

 

石鹸シャンプー

石鹸が主体のシャンプーで、動物や植物の油をアルカリで中和させた界面活性剤の1つ。石けん分、石けん素地、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムが主成分。洗浄力が高く脱脂力があるのですが、石鹸シャンプーはアルカリ性なので、髪を洗っている最中に髪のキューティクルが開き、髪が傷む事があります。また石鹸シャンプーで洗うと最初の頃は髪がきしんだりツヤがなくなってしまう事もあり、髪が慣れるまで数か月かかるとも言われています。石鹸カスが頭皮に残りやすく、フケやかゆみの原因になる事もあります。

 

弱酸性シャンプー

人の身体と同じ弱酸性で洗浄力が強くなく、身体に優しいと言われています。ただ弱酸性でも成分によっては肌の常在菌を殺菌してしまうものもあり、肌荒れを引き起こす原因となる事もあります。3酢酸Na、カルボン酸、とついているものは弱酸性の中でも洗浄力が強いタイプ。ココイル、コカミド、ココアンなどはアミノ酸が主な成分の優しいタイプです。

 

 

ノネナール

加齢臭の原因となる物質。加齢と伴に皮脂に含まれる脂肪酸が増え、この脂肪酸を分解する際に発生するのがノネナールです。

 

ノンシリコンシャンプー

シリコンを使用していないシャンプーの事。シリコン自体は身体に害があるものではなく、またシャンプーに使用するシリコンは低分子シリコンといって髪や頭皮へ定着しにくいので実際は、シリコン入りのシャンプーを使っても問題はありません。シリコン自体に髪のダメージを保護する効果もあります。ただ、美容室にあるシャンプーやアミノ酸シャンプーなどの多くはノンシリコンの場合が多く、それはシリコンがなくても髪を優しくダメージなく洗えるから、といった理由がほとんどです。

 

 

ミドル脂臭

ジアセチルという物質が原因で古い油の臭いがします。男女とも30歳〜45歳位の年齢でなる事が多く、ノネナールが原因でなる加齢臭とは異なります。におう箇所は主に頭部や首。

 

 

ヤシ油由来

天然のヤシの油を使って作られた成分。ヤシ油由来だから身体に負担がない、というわけではなく、洗浄力の強いラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸Naなども石油由来にかわってヤシ油由来で作られるようになっています。尚、石油由来からヤシ油由来に切り替わったのは、石油よりもヤシ油の方が原料が安いからです。

 

 

ラウリル硫酸Na

硫酸系の界面活性剤。少量でもよく泡立ち原料が安いため、シャンプーやボディソープ、マウスウォッシュに使われていました。しかしラウリル硫酸Naは洗浄力が強すぎて皮膚のバリア機能を壊し、髪の毛が抜けたり頭皮の乾燥を招くなどダメージを与えることも。分子が小さいので皮膚の奥に浸透しやすく経皮毒の可能性も言われています。現在ではラウリル硫酸Naは使用されなくなりつつあります。またラウリル硫酸Naが使われているものも石油ではなく植物成分合成のものになっています。

 

ラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naと比較すると、分子が大きく肌に浸透しにくいため刺激が少ない界面活性剤です。肌に入りこみにくいので経費毒の可能性がラウリル硫酸Naに比べて低いと言われています。ただ洗浄力の強さはラウリル硫酸Naと同程度で脱脂力が強く、ラウレス硫酸Naが主成分のシャンプーで髪を洗うと必要な皮脂を奪ってしまう事もあります。ラウレス硫酸Naは市販のシャンプーのほとんどに主成分として使われているので、乾燥肌の人や抜け毛が気になる人、ダメージヘアが気になる人にはやや不向き。以前は石油由来のものが多かったのですが、現在は植物のヤシ油由来のラウレス硫酸Naがほとんどです。

 

リンス

リンスは髪の表面に膜を張るコーティング剤。人工的に艶を与えます。リンスに髪を修復する力はありません。頭皮にリンスがつくと痒みやかぶれの原因となる事があるので、頭皮にはつけずに使用します。

 

男女別!人気の頭皮のニオイ対策シャンプー

男女別!人気の頭皮の臭いシャンプー

頭皮の臭い対策シャンプーの用語集

女性におすすめ!


女性の頭皮の臭い対策シャンプー>>

頭皮の臭い対策シャンプーの用語集

男性におすすめ!


男性の頭皮の臭い対策シャンプー>>