女性ホルモン 頭皮の臭い

女性ホルモンの減少が頭皮の臭いの原因に!今すぐできる「女性ホルモンを増やす方法」

ふと自分の頭皮の臭いが気になることってありませんか?

 

汗をかいた、帽子をかぶったなど、臭いが気になるきっかけはさまざまですが、もしあなたが40代で頭皮の臭いが気になる回数が増えてきたとしたら要注意です。

 

臭いといえば、男性の加齢臭を連想しますが、実は女性にも加齢臭があり、40歳を過ぎると体から発せられる臭いが強くなります。

 

なかでも、皮脂腺の多い頭皮は強い臭いを発するため、気になる方が多いようです。

 

では、どうして女性は40代に入ると頭皮の臭いが気になり始めるのでしょうか。

 

個人差はありますが、女性は40歳を過ぎると、これまで臭いを抑えていた女性ホルモンが減少していきます。そのため、体臭とともに頭皮の臭いも気になり始めるのです。

 

目次

女性ホルモンの減少が頭皮の臭いを引き起こす!

女性ホルモンが減少する大きな原因は「加齢」

多くの場合、女性ホルモンが減少するのは40歳を過ぎたころからですが、人によっては30代半ばでガクっと減少することもあります。

 

そもそも、なぜ女性ホルモンが減少するのでしょうか。女性ホルモンが減少する原因はいくつかありますが、大きな原因は加齢です。

 

ほかにも、偏食やストレス、睡眠不足なども、女性ホルモンが減少する原因として挙げられます。

女性ホルモンの減少が頭皮の臭いを引き起こす理由

次に、女性ホルモンの減少が頭皮の臭いを引き起こす原因についてみていきましょう。

  • 男性ホルモンの働きが促進され皮脂の量が増える
  • 新陳代謝が落ち、ターンオーバーの周期が長くなる
  • 抗酸化作用が低下する

 

頭皮のイヤな臭いは、頭皮に残った汚れや角質、余分な皮脂が酸化することが原因です。女性ホルモンが減少すると、この条件が揃いやすくなってしまうため、それまでよりも頭皮の臭いが気になることが増えるのです。

 

まず、女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの働きが活発になり、分泌される皮脂量が増えます。さらに、新陳代謝が落ち、頭皮の皮膚がターンオーバーされる周期が長くなることによって、頭皮に古い角質などが溜まりやすくなります。くわえて、抗酸化作用が低下すると細胞が酸化しやすくなってしまい、皮脂の酸化を促進することになるのです。

 

女性ホルモンの分泌をし、頭皮臭を消すためにできること

年齢によるものだとしたら、頭皮臭はあきらめなければいけないのでしょうか?

 

いいえ!そんなことはありません。

 

女性ホルモンの減少が加齢臭や頭皮臭を招いているのであれば、女性ホルモンを少しでも取り戻すようにすればよいのです。

 

ここでは、頭皮から香るイヤな臭いをなくす方法のひとつである「女性ホルモン」の働きに注目し、女性ホルモンの分泌を促す方法について、具体例満載でお伝えします!

 

1)大豆イソフラボンを含む食材を積極的に摂る

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることで有名です。豆腐や納豆など、大豆が豊富に含まれた食材を積極的に摂りましょう。

 

大豆を使ったレシピ、適正摂取量、大豆アレルギーの場合に代わりになる食材に関しては、こちらで詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。→(食べ物で女性ホルモンを増やして加齢臭・頭皮臭対策!

 

2)生活リズムを整えよう!睡眠の質と女性ホルモンの深い関係

睡眠の質が悪いと、女性ホルモンを減らす!

睡眠の質は女性ホルモンの分泌に大きな影響を与えます。それは、女性ホルモンは、視床下部や下垂体など、脳から卵巣に指令が出されることによって分泌されるため、睡眠不足や浅い眠りが続くと脳の働きが悪くなり、女性ホルモンの分泌を乱してしまうのです。

 

シフト勤務などで不規則になりがちな人はどうしたらいい?

睡眠の質は毎日起床時間と就寝時間を揃えることがとても大切です。それでもシフト勤務や育児などで、どうしても規則正しい生活が送れないことや、十分な睡眠時間を確保できない人もいるでしょう。その場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

不規則な生活や短い睡眠時間でも、睡眠の質をアップする環境をつくる

睡眠の質は、工夫次第でアップできます。
もし不規則な生活や十分な睡眠時間が確保できずにあまりいい睡眠をとっていないと思う方は、以下のことを試してみてください。

 

睡眠の質をあげるために寝る前にすること
  • ストレッチをする
  • あたたかいものを飲む
  • 寝る1時間前はスマホやPCなどの使用は控える
  • 寝る3時間前までに食事はすませる。できない場合は野菜スープなど軽めのものにする。

ほかにも、肌触りと通気性のいいシーツや布団カバー、パジャマを使用すると、就寝中の熱を逃がしてくれて暑くて起きてしまったなど、暑さによる不快感で睡眠を妨げません。

 

3)適度な運動で血行を良くする。特に骨盤周り!

身体の健康を保つために必要な栄養や酸素に加えて、女性ホルモンは血液によって全身に運ばれます。そのため、女性ホルモンの働きをよくするには血行が大切です。

 

血行が悪くなると全身が冷えてしまい、さまざまな身体の不調を引き起こし、女性ホルモンの分泌も悪くなってしまいます。

 

血行をよくする一番いい方法は、適度な運動をすることです。なかでも、誰でも簡単にできるウォーキングがオススメです。

 

ウォーキング中は筋肉がポンプのような働きをして血行をよくしてくれます。

 

さらに、筋肉が燃焼して身体にあたため冷えを改善し、自然と新しい酸素が身体に取りこまれ、老廃物の排出を促します。

 

また、女性ホルモンが分泌される卵巣を囲む骨盤周りの血行をよくするために、骨盤周辺のトレーニングやストレッチをすると、より女性ホルモンの分泌がスムーズになります。ヨガは骨盤周りのトレーニングやストレッチができるポーズが数多くあるため、ウォーキングなどの有酸素運動にプラスして行うといいでしょう。

 

もし、これらの運動がなかなかできない…という場合

普段からよい姿勢を保つことと、深い呼吸を意識してみてください

 

運動ができなくても、背筋をピンと伸ばしお腹に力を入れ、両足をしっかり閉じて生活するだけで、筋肉を使います。さらに、深い呼吸を何度か続けると身体がぽかぽかしてくるのがわかります。

 

呼吸を深くするだけで身体をあたため、血行をよくすることができるのです。さらに、深い呼吸は自律神経を整え、ストレスを緩和してくれるので、女性ホルモンのスムーズな分泌にも一役買ってくれます。

 

消臭に効果のあるアミノ酸系のシャンプーもおすすめ!

女性ホルモンの分泌を促すわけではないですが、また、いち早く頭皮の臭いをなくしたいときは、シャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変えてみるのもとてもいい方法です。

 

あまり知られていませんが、女性ホルモンの減少以外に「頭皮の洗い過ぎ」も頭皮の臭いを強くします。

 

頭皮の臭いが気になると、ついしっかり洗わなければと思ってしまいがちですよね。でも、洗い過ぎは逆に皮脂の分泌を過剰にしてしまい、頭皮の臭いを強くする原因になってしまうのです。市販のシャンプーは洗浄力が強いものが多く、意識して洗い過ぎないようにしていても頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。

 

その点、アミノ酸は体と同じ成分なので、アミノ酸系のシャンプーを使うと頭皮の洗い過ぎを防いでくれます。優しい洗い心地で刺激が弱く、汚れはしっかりと落としつつも洗い過ぎないので皮脂の分泌ペースを崩さず、頭皮の臭いが発生するのを防いでくれる効果があります。

 

男女別!人気の頭皮の臭いシャンプー

女性ホルモンの減少が頭皮の臭いの原因に。女性ホルモンを増やす方法

女性におすすめ!


女性の頭皮の臭い対策シャンプー>>

女性ホルモンの減少が頭皮の臭いの原因に。女性ホルモンを増やす方法

男性におすすめ!


男性の頭皮の臭い対策シャンプー>>