女性 加齢臭

女性なのに加齢臭?頭を洗っても頭皮が臭い原因はノネナール!

女性なのに加齢臭?頭を洗っても頭皮が臭い原因【ノネナール】と対策

 

30代後半〜40代にかけて、女性でも加齢臭がするようになってきます。

 

40代前後でいつも通りきちんと頭を洗っているのに臭うようになってきた場合、原因のほとんどは加齢によるものです。

 

女性の加齢臭の原因は「ノネナール」

 

30代後半〜60代になると、皮脂に含まれるパルミトオレイン酸という脂肪酸が酸化されて出来るノネナールという成分が原因で身体が臭うようになります。ノネナールは若い人にはほとんど発生しないニオイ成分です。

 

加齢とともに抗酸化力が落ち、パルミトオレイン酸が酸化されやすくなる為、ノネナールが発生しやすくなります。

 

男性に比べて女性の方が皮脂分泌が少ないため、加齢臭を感じにくいのですが、皮脂分泌を抑えている女性ホルモンが減少してくる40歳前後になると女性でも加齢臭がするようになってきます。

 

頭を洗っても頭皮が臭いのはなぜ?

 

加齢臭は頭以外にも背中、首、耳の後ろ、顔のT−ゾーンなどで発生するのですが、頭は1番臭いが発生しやすい場所です。頭皮には額の2倍、背中の5倍、お腹の30倍もの皮脂腺があります。

 

清潔に頭を洗っても、臭い成分のノネナールが発生し続けていると消す事はできません。消臭成分が含まれたシャンプーの使用や加齢臭の発生しにくい、抗酸化力を高めた身体作りが必要となってきます。

 

加齢臭が原因で頭が臭う場合の対策

 

消臭成分が入った加齢臭シャンプーを使う

 

 

1番手軽で取り組みやすい頭皮の加齢臭対策です。

 

臭い成分ノネナール発生の元である皮脂の汚れを落とし、頭皮に必要な脂は守るアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと必要な皮脂まで取り除き、かえって皮脂過剰を招いて臭いがきつくなる事があります。

 

アミノ酸系シャンプーの中でも加齢臭対策用の消臭成分入りのものもあるので、そちらを使ってみると良いでしょう。

 

→消臭成分入りの加齢臭シャンプーをチェックする

 

身体の抗酸化力を高める

 

臭いの発生しやすい年代になっても抗酸化力が高い身体の人は、皮脂の酸化を抑えられる力が強いので、加齢臭があまり発生しません。

 

野菜を中心とした生活に切り替える、ストレスをためない、湯船につかり1日1回は汗をかくようにする、週に2回、30分程度の有酸素運動をする、睡眠をきちんととる、過度な飲酒を控える等、年齢があがれば上がるほど、抗酸化力を高める健康的な日常生活を送る必要があります。

 

抗酸化力を高める食品

 

免疫力が落ちてくる30歳以降は、抗酸化力を高める食品を積極的に摂取していきましょう。

 

抗酸化力が高まると、加齢臭対策だけでなく、アンチエイジングや健康面など身体全般に良い影響を与えます。

 

抗酸化作用のある食品;大豆などのポリフェノールやパクチー(コリアンダー・香菜)、人参、パセリなどのせり科の野菜、トマト(リコピン)、お茶など

上記の中でもタイ料理や中華料理によく使われるパクチーは抗酸化力が非常に高く、また消臭効果もある野菜です。

 

 

味にクセがあるのと、パクチーを置いてあるスーパーが少ないのが難点ですが、体臭予防に国産天然のパクチー100%のサプリもあるので、強い加齢臭が気になる方は、こちらを利用するのも良いでしょう。

 

お医者さんがすすめる体臭サプリをチェックする→

 

40歳前後になると、加齢臭を含め、今までとは違う身体の変化を感じる事が多くなってきますが、対策方法は上記のように色々とあります。

 

ニオイがご自分のストレスとならないように、上手にとりいれて快適な日常生活を送られるようにしてくださいね。