シリコンシャンプー

シリコンシャンプーの何が悪い?シリコンのウソと本当

シリコンシャンプーの何が悪い?シリコンのウソと本当


シリコン入りのシャンプーが頭皮や髪に悪い、という広告や情報をよく見かけますよね。

特に育毛シャンプーを販売している会社の広告では「シリコン=悪」と掲載されている事が多いようです。よく見かけるものには、「頭皮の毛穴にシリコンが詰まる」というものがあります。

髪や頭皮に害のあるような印象を与えるシリコンですが、実際の所はどうなのでしょうか?

シリコンは害のある物質ではない


シリコンは変質しにくく安全性が高いといった性質があり、身体に直接触れるコンタクトレンズや医療で使われるチューブ、手袋などにも使われる物質です。

アレルギーにもなりにくくシリコンが人体へ影響を及ぼすといった事はほとんどありません。

シリコンシャンプーは毛穴に詰まらない


シリコンがシャンプーに入っていると毛穴に詰まるから、臭いの元になる、髪が生えなくなる、といった情報もよくみますが、これは正確ではありません。

シリコンにも色々な種類があるのですが、シャンプーに使われるシリコンは髪や地肌に定着しづらい「低分子シリコン」。

シャンプーに配合されているシリコンは髪を洗う時の摩擦を無くす為に使用されているので、ほんの少ししかシリコンは含まれていません。

その上、吸着しづらいシリコンを使用しているのでシリコン入りのシャンプーを使用した所で、髪にシリコンはほとんど残らず、頭皮の毛穴にシリコンが詰まる、という事は起こりません。

ではシリコンシャンプーを使っても髪や頭皮も問題ない...?

これはYESともNOとも言えます。

シリコンが問題というより、シリコンが何のためにシャンプーに使われているか、理由によります。

石油系界面活性剤を使用したシャンプーにはシリコンは必須

市販の価格が安いシャンプーの多くは、洗浄力の強い石油系界面活性剤を主な洗浄成分として使っています。石油系界面活性剤は汚れをとる力が強いのですが、頭皮を保護する皮脂や髪の油分をとってしまう事があります。

この石油系界面活性剤を使用したシャンプーの場合、ほとんどはシリコンが含まれます。シリコンが含まれていないと、洗浄力の強い石油系シャンプーの場合、髪の摩擦がおき、髪のダメージの原因となるからです。

石油系のシャンプーなのにノンシリコンが流行っているからといってシリコンが配合されていないものがあったとしたら、悪質な商品といえるでしょう。

石油系シャンプーの洗浄成分表示

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA、スルホン酸など

アミノ酸シャンプーはシリコンがなくても良い

サロンで使われているシャンプーで多いのが「アミノ酸シャンプー」。髪はアミノ酸から構成されるケラチンというたんぱく質から出来ている為、アミノ酸シャンプーで洗うと髪や頭皮に優しく、頭皮ケアをしたい人に人気があります。

アミノ酸シャンプーは頭皮に必要な皮脂は残し、不要な皮脂や汚れをとるだけなので、シリコンが含まれなくても髪の摩擦が起きません。(髪が慣れるまで最初は洗った後にきしむ事がありますが、徐々に髪がしなやかになります。)

アミノ酸シャンプーの場合シリコンは不要なので、多くのアミノ酸シャンプーがノンシリコンシャンプーです。

*ただ、シリコンは有害な物質ではないので、たとえシリコンが入っていたとしても問題はありません。

アミノ酸シャンプーの洗浄成分表示

ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココイルアラニンなど

シリコン入りのシャンプーは、どのように表示されている?

一般的にシリコンの表示名称は次の通りです。

ジメチコン、シクロメチコン、ジメチコノール、アモジメチコン、シロキサン、シリカ、シリル、シラン等が入っている名称

シリコンシャンプーのまとめ

  • シリコンに害はない
  • シリコンシャンプーで毛穴は詰まらない
  • 価格が安い石油系シャンプーはシリコンがないと髪の摩擦が起きる
  • アミノ酸シャンプーにはシリコンが不要だが、シリコンが入っていても問題はない
シリコンは人体に悪影響をおよぼす物質ではないので、シリコン入りのシャンプーを使用しても特に問題はありません。

シャンプーを選ぶ時はシリコン入りかどうかではなく、主な洗浄成分がどれなのかに注意して選ぶようにしてくださいね。アミノ酸シャンプーが頭皮や髪に優しくておすすめです。

頭皮や髪に優しい!
▼ノンシリコン・アミノ酸シャンプーはこちらでチェックできます▼


シリコンシャンプーの何が悪い?シリコンのウソと本当


リンスやトリートメントのシリコンは髪や頭皮に残ります
シャンプーで使用されるシリコンと違って、リンスやトリートメントには吸着性が高いシリコンが配合されています。

その為、頭皮にべっとりくっつけてしまうと髪の他、頭皮にもシリコンが残ってしまう事があります。シリコン入りのリンスやトリートメントを使う時は、頭皮につけないようにしましょう。